プロミスの審査に通るぞ

プロミスの審査に通るぞ【※今日中にキャッシングする方法】

新社会人になったり、大学生になったからといって、車の購入を考える人もいるでしょう。車の購入を考えた時に、できれば現金一括で購入したいと考えるのは当然のことでしょう。

 

しかし、現金一括払いが出来る人は少ないでしょう。ほとんどの人は、ある程度の頭金を用意して残りを自動車ローンというケースでしょう。頭金をできるだけ用意して、ローンの負担を少なくするのがコツでしょう。

 

その自動車ローンですが、最近では、様々な種類の自動車ローンが登場しています。かつては、車の販売店で契約するのが一般的でしたが、銀行などの金融機関でも自動車ローンを扱うようになり、更に選択肢が増えているようです。まずは、従来からある車の販売店での自動車ローンについて説明しましょう。

 

車の販売店の自動車ローンとは、販売店が提携しているクレジット会社と契約するローンです。車を買うお店で一緒に手続きができて便利ですし、銀行などと比べて審査が緩いのが特徴です。しかしながら、完済するまで車の所有権が自分自身にないことに注意が必要です。

 

他には、各種銀行であったり、農協や労金の自動車ローンもあります。どちらも、比較的金利が低いのが特徴です。ただし、手続きが少し面倒なのが難点です。とりわけ、各種銀行のローンは、源泉徴収票などの書類を提出するなど面倒なことが多いです。また、生命保険に加入している人であれば、保険会社から借りることが可能なケースがありますし、証券を持っている人であれば、証券を担保にお金を借りられるケースがあります。

 

では、できるだけ面倒が少なくて、尚且つ金利が低めのところでお金を借りたいと思うのであれば、どうしたら良いでしょうか?オススメはキャッシングです。キャッシングであれば、パソコンや携帯電話のインターネットを通じて簡単に審査や申し込みが可能です。申し込みの時間によっては、即日融資が可能なキャッシング会社も少なくありません。

 

ただし、キャッシングの金利は日割り計算であることに注意が必要です。借り入れが長期にわたるとあまり有利とは言えません。できるだけ早く返済できるギリギリのお金をキャッシングして自動車ローンの頭金にあてて、残りを銀行などの金利の低い自動車ローンにするのがベストです。キャッシング会社の中には、30日間無利息キャンペーンを行なっている会社が少なくありません。金利が低いうちに、つまり次の給料日もしくは次の次の給料日位までで返済できるギリギリのお金をキャッシングして、頭金に当ててみてください。

お客様の利便性を考えたモビットについて

モビットは三井住友銀行グループ傘下の消費者金融会社です。2000年に営業を開始して以来、お客様の利便性を第一に考えた営業スタイルをとっています。最近のネット環境を利用し、ネットで申し込みが可能になりました。その為、急な出費でも対応可能です。パソコンや携帯、スマートフォンから申し込み、その後フリーダイアルに電話し、審査に問題がなければ、その場で会員登録され、指定の銀行へ送金されます。また、いくつか条件がありますが、WEB完結申込みという、申し込みから振込まで電話、郵送がない方法もあります。

 

返済方法は幾通りかあります。口座振替や銀行振り込み、又は提携ATMで返済ができます。全国の銀行やコンビニから返済が出来るので、忙しい方にピッタリです。借りたのはいいけど返済に不安があるという方は、モビットのサイトに返済シュミレーションがあるので、利用してみる事をお勧めします。また、スタッフが対応してくれるサービスもあります。
バンクイックは総量規制対象外?年収1/3以上でも大丈夫?

プロミスの歴史について

プロミスは、1962年に設立され、約50年という社歴を持つ会社です。非常に長い間プロミスとして、親しみを持たれた社名ではありましたが、2012年三井住友フィナンシャルグループの子会社として、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社と社名を変え現在に至ります。

 

プロミスは消費者金融として運営していますが、その歴史が物語るように、安定した経営を行っています。消費者金融というと、良いイメージをお持ちではないという方が多いかもしれませんが、長い間経営しているということは、安心してお金を借りることができるといっても過言ではないのではないでしょうか。

 

キャッシングというと、金利がかかるため、できることなら利用したくは無いものではありますが、いざというときには非常に心強い味方になってくれます。その利用に当たっては、できるだけ安心できる会社を利用していきたいものです。そのような場合には、歴史のあるプロミスというのは、非常に有力な候補となりますね。